日の丸を掲げ、ウィニングランを行なう青山(ホンダ提供)
日の丸を掲げ、ウィニングランを行なう青山(ホンダ提供)
 2009年11月8日(日)に開催された二輪ロードレース世界選手権(WGP)最終戦スペイン・バレンシアGPで、250ccクラスに参戦するスコット・レーシング・チーム250ccの青山博一(千葉県 28歳)は、2009年シーズンのシリーズチャンピオンを獲得しました。

 日本人でのWGP 250ccクラスのチャンピオンは、2001年に加藤大治郎氏(埼玉県)が獲得して以来8年振りで、Hondaとしては現在MotoGPクラスに参戦するレプソル・ホンダ・チームのダ二・ペドロサ(スペイン24歳)が2005年に獲得して以来の快挙です。

 最終戦バレンシアGPでHonda RS250RWを駆る青山は、前日に行われた予選で5位となるが、当初ポールポジションを獲得していたアレックス・デボン(アプリリア/スペイン33歳)がレース前にリタイア。その結果、青山は4番グリッド1列目へとポジションを上げました。決勝レースがスタートし、青山は第1コーナーを4番手で通過するも2周目には2番手に浮上。その間、タイトル争いをするマルコ・シモンチェリ(ジレラ/イタリア22歳)は青山の後方から徐々に順位を上げ、3番手に。ここからシモンチェリが青山を猛追し、コーナーで抜きつ抜かれつの激しいレースを繰り広げます。順位が激しく入れ替わる中で、青山は10周目1コーナーで痛恨のオーバーランを喫します。転倒は免れ、グラベルから復帰するも、11位まで大きく順位を後退。一方シモンチェリは、トップに浮上し、タイトル獲得へ向けレースを進めるが、残り7周で転倒。この時点で、青山のタイトルが確定。残りのレースを確実に進めた青山は、7位でゴール。第16戦セパンGPまでに取得した252点に更に9点を追加して、合計261ポイントを獲得。今季、合計7度表彰台に上がり、うち4回の優勝を遂げてシーズンを終えました。

 WGP 250ccクラスは、今シーズンを最後に廃止となり2010年からはHondaの4ストローク600ccエンジンを搭載するMoto2クラスが新設となることから、青山は最後のチャンピオンとして250ccクラスの幕を閉じることとなりました。Hondaは1959年にWGP参戦を開始し、250ccクラスで初のタイトルを獲得したマイク・ヘイルウッド(イギリス)以降今回で16度目のタイトル獲得となり、長い歴史を築いてきました。

 青山博一は、2003年全日本ロードレース選手権GP250ccクラスでシリーズチャンピオンを獲得した後、Hondaの人材育成の一環として設立した「Honda Racingスカラーシップ」(ライダー育成奨学制度)を受け、活躍の場を世界に移しました。青山は第1期生として、翌2004年からWGP 250ccクラスにフル参戦を開始し、ライダーとしての
経験やスキルを高めてきました。2010年シーズンからは、ロードレース世界選手権の最高峰クラスMotoGPにステップアップし、更なる活躍が期待される日本人ライダーです。


◆青山博一のコメント

「今日は、本当に難しいレースでした。最後のレースだったので、優勝したくプッシュしましたが、途中でオーバーランしてしまいました。転倒しないようリカバーしましたが、トップから大きく離れてしまい、順位を上げるのが難しかったです。

終盤シモンチェリが残念ながら転倒したことで、7位でゴールと自分にとってはベストなレースではありませんでしたが、チャンピオンを獲得でき今日は忘れられない1日となりました。このすばらしい結果を得られたのも、チームが一緒に今シーズンを懸命に戦ってくれたからだと思います。支えてくれた皆さんに、心から感謝しています。今後も引き続き自分をプッシュしながら、皆さんの期待に応えられるレースをしていきたいと思います。ありがとうございました。」


青山博一 プロフィール
生年月日 : 1981年10月25日
出身   : 千葉県

主な戦績
1999年 全日本ロードレース選手権 GP125ccクラス 11位
2000年 全日本ロードレース選手権 GP250ccクラス 2位
2001年 全日本ロードレース選手権 GP250ccクラス 8位
2002年 全日本ロードレース選手権 GP250ccクラス 2位
2003年 全日本ロードレース選手権 GP250ccクラス チャンピオン
2004年 WGP 250ccクラス             6位
2005年 WGP 250ccクラス             4位
2006年 WGP 250ccクラス             4位
2007年 WGP 250ccクラス             6位
2008年 WGP 250ccクラス             7位

◆WGP 250ccクラス Hondaチャンピオン
1961年 マイク・ヘイルウッド(イギリス)
1962年 ジム・レッドマン(ローデシア)
1963年 ジム・レッドマン(ローデシア)
1966年 マイク・ヘイルウッド(イギリス)
1967年 マイク・ヘイルウッド(イギリス)
1985年 フレディ・スペンサー(アメリカ)
1987年 アントン・マンク(西ドイツ)
1988年 シート・ポンス(スペイン)
1989年 シート・ポンス(スペイン)
1991年 ルカ・カダローラ(イタリア)
1992年 ルカ・カダローラ(イタリア)
1997年 マックス・ビアッジ(イタリア)
2001年 加藤 大治郎(埼玉県)
2004年 ダ二・ペドロサ(スペイン)
2005年 ダ二・ペドロサ(スペイン)
2009年 青山 博一(千葉県)

◆WGP 250ccクラス Honda優勝回数
1961年から2009年(最終戦)まで207回
ホンダ提供
ホンダ提供