第8戦ポーランドラリーDAY4
 【ミコワイキ近郊 ペン=古賀敬介】 約3秒差で首位のヌービルを追うオット・タナク(Mスポーツ/フォード)が滑りやすい路面でぎりぎりのアタックをして一時は首位に立つも、SS21で立ち木にクルマをぶつけてジ・エンド。「どうしてもこのラリーを勝ちたかった」と唇をかんだ。一方、ライバルの自滅で余裕の今季.....
【ログインして続きを読む】