最有力地域は愛知・岐阜
現在のWRCを戦うトヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)。復帰した今季は2勝を挙げて好調だ(トヨタ提供)
現在のWRCを戦うトヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)。復帰した今季は2勝を挙げて好調だ(トヨタ提供)
 一般公道を使って総合タイムを争う自動車競技「世界ラリー選手権(WRC)」の日本大会が、早ければ2019年にも復活開催する公算が大きくなった。最有力は愛知・岐阜の両県の山間部を中心とした地域。シリーズを興行するWRCプロモーターの幹部が日本を訪れ、大会本部の候補として愛・地球博記念公園(愛知県長久.....
【ログインして続きを読む】