最終戦オーストラリアラリーDAY1
首位にミケルセン
 【コフスハーバー ペン=古賀敬介】トヨタのヤリ−マティ・ラトバラが競技区間(SS)1でつまずいた。コドライバーとの会話に必要なインターコムの配線故障が原因で、乗り込むヤリス(日本名ヴィッツ)の車両前部にいきなりダメージを負って出遅れた。

 それでも5位前後の順位を守り、SS6で4位に浮上。首位.....
【ログインして続きを読む】