フォード・フィエスタR5でWRC2に参戦の勝田貴元(25)は、最終のDAY4最初のSS17(14・06キロ)を走り初めてすぐクルマに違和感を覚えたという。それでも最後までSSを走りきったが、調べたところ左フロントのドライブシャフトが破損しており、競技続行を断念。残念ながら完走は果たせなかった。