第6戦チリラリーDAY2(SS7〜12)
フロントガラスをなくしながら連続で4番手タイムを刻んだミーク(古賀敬介撮影)
フロントガラスをなくしながら連続で4番手タイムを刻んだミーク(古賀敬介撮影)
 5位につけていたトヨタのクリス・ミークは、この日最初のSS7で横転。クルマのフロント部が壊れ、フロントの窓ガラスが割れてしまった。

 そのため窓ガラスを外し、風通しが良過ぎる状態で続く2本のSSを走行。「風の音でインカムのコドライバーの声が聞きづらく、風圧で息も苦しかった」。しかし、窓ガラスが.....
【ログインして続きを読む】