第7戦ポルトガルラリーDAY1(SS1〜7)
不利な2番手スタートをものともせず、初日トップに立ったタナク
不利な2番手スタートをものともせず、初日トップに立ったタナク
 【マトジニョス ペン=古賀敬介 カメラ=小林直樹】 トヨタが最高の滑り出しを見せた。初日の7つのスペシャルステージ(SS)を終え、オット・タナク(31)=エストニア=がトップ、ヤリ−マティ・ラトバラ(34)=フィンランド=が17秒差で続き、クリス・ミーク(39)=英国=が22秒差の3位と、ヤリス.....
【ログインして続きを読む】