スーパースポーツ世界選手権(WSS)第7戦チェコ大会は8日、ブルノサーキットで31台が出場してフリー走行を行い、ジュール・クルーゼル(29)=フランス、ヤマハ=が2分3秒502のトップタイムをマーク、大久保光(24)=カワサキ=は「初めて走るサーキットで初日はうまく攻略できなかった」と同6秒03.....
【ログインして続きを読む】