スーパーバイク世界選手権の合同テストが26、27日の両日、ポルトガルのアルガルベサーキットで17台が参加して行われ、カワサキからヤマハに移籍したトルコ人のトプラック・ラズガットリオグルが1分40秒804の総合トップタイムをマーク。以下、ドゥカティのスコット・レディングが2番手、ワークスに復帰した.....
【ログインして続きを読む】