ARRC開幕戦
クラス初優勝を挙げチームと喜ぶ伊藤勇樹(中央)(ヤマハ提供)
クラス初優勝を挙げチームと喜ぶ伊藤勇樹(中央)(ヤマハ提供)
 アジアロードレース選手権(ARRC)開幕戦の決勝が7、8日、マレーシア・セパンサーキットで行われ、メインのASB1000クラスのレース1(7日、12台、12周)で、伊藤勇樹(ヤマハ)が同クラス初優勝を飾った。

 伊藤は4番グリッドからスタートして逆転し、2位に7・609秒差をつける圧勝。ARR.....
【ログインして続きを読む】