青木拓磨(前列)主催のレン耐最終戦にモト2の長島哲太(左から2人目)、青山博一ホンダチームアジア監督(右から4人目)ら多くのトップライダーが集結した(佐藤洋美撮影)
青木拓磨(前列)主催のレン耐最終戦にモト2の長島哲太(左から2人目)、青山博一ホンダチームアジア監督(右から4人目)ら多くのトップライダーが集結した(佐藤洋美撮影)
 車いすドライバーの青木拓磨が主催する、レンタルバイクによる耐久レース「Let’sレン耐」の最終戦が27日、さいたま市のサーキット秋ヶ瀬で開催され、29チームが参加したメインレースは「ケーヒンGT−Racing」が優勝した。

 今年で16年目のレン耐は新型コロナウイルスの影響で32戦の予定を28.....
【ログインして続きを読む】