F1、WGP(MotoGP)、など四輪・二輪あわせて約40カテゴリーの速報・記事・レース結果を日夜更新。

赤井邦彦の「自動車漂論」

HOME > 赤井邦彦の「自動車漂論」
赤井邦彦の「自動車漂論」
来年以降のF1界で日本の可能性は無限大
12年続いた本コラム最終回
(第656回)
2月に入って次々とF1マシンの発表が続いている。ドライバーも決まって今年1回目の合同テストも始まった。こうした動きが伝わって来ると、やっと新しいシーズンが始まったと感じることができる。F1グランプリ開幕戦は約1カ月後のオーストラリアGP。それまでチームは大忙しだろうが、現行レギュレーション最後の...
[ 2013/02/08 ]

コラム

F1の“金”が引き起こしたマリアの惨事 [2012/07/06 12:00]
マルシャF1チーム第3ドライバー、マリア・デビロタがテスト中の事故で大きなケガを負った。1970年代終盤から80年代序盤にF1に参戦していたスペイン人エミリ...[続きを読む]
やっとモータースポーツがわが国に根付きはじめた [2012/06/29 12:00]
最近、日本のモータースポーツ界の重要なポジションで働く人、働いた方々との交流が多いが、その際に話題になるのは「なぜわが国にモータースポーツは根付かないのか?...[続きを読む]
政治力を身につけ始めた日本の自動車メーカー [2012/06/22 12:11]
日本の政治力の弱さが日に日に明らかになっていく。多くの反対の声を十分に考慮することなく交渉参加表明をしたTPP(環太平洋経済連携協定)に関しても、日本は貿易...[続きを読む]
<特別版>村田久武エンジニアのル・マン総括 [2012/06/19 12:02]
今年のル・マンにおけるトヨタの挑戦を振り返って考えることはいくつもあるが、まずはクルマの実力が分かった点が大きな収穫だといえる。どうしてもアウディと比べるこ...[続きを読む]
<特別版>「待ってろアウディ!」 〜木下美明 [2012/06/18 11:27]
トヨタF1時代からドイツ・ケルンにあるトヨタモータースポーツ有限会社(TMG)副社長として手腕を発揮してきた木下美明。トヨタがF1をやめてから社長に昇格、さ...[続きを読む]
<特別版>プロジェクトの要ハイブリッドシステム開発〜角賢治 [2012/06/17 12:00]
トヨタのルマンプロジェクトで重要なパートを担うハイブリッドシステム。その開発を担当する角賢治は2000年に量産車開発からモータースポーツ部へ移り、以来ずっと...[続きを読む]
<特別版>F1プロジェクト終了後ハイブリッドを推進〜高橋敬三 [2012/06/16 12:00]
高橋は2007年にモータースポーツ部長に就任して、ハイブリッドモータースポーツのプロジェクトを推進してきた。現在はスポーツ車両統括まで役職は広がっており、8...[続きを読む]
<特別版>レース車開発に持ち込んだ計算工学〜福島準一 [2012/06/15 12:00]
ル・マン史上初のハイブリッドカーで挑むトヨタレーシングを支えるメンバーを紹介する赤井邦彦氏の「自動車漂論」特別版を短期連載します。掲載は本戦中の全5回。 ...[続きを読む]
新たな可能性が見える“F1主催者協会”創設 [2012/06/08 11:35]
F1を開催するサーキットがひとつの組織を立ち上げた。FOPA(フォーミュラ・ワン・プロモーターズ・アソシエーション)という組織で、F1主催者協会とでもいえば...[続きを読む]
常識的、つまらない期待を“裏切る”琢磨の走り [2012/06/01 12:00]
佐藤琢磨のことを書くんだろうなと予想していた皆さんの期待に応えて、佐藤琢磨のことを書きます。先週末のモータースポーツは彼のインディ500レースに尽きますから...[続きを読む]
フライホイール式KERS、ロンドン2階建てバスに採用 [2012/05/25 11:54]
読者の皆さんにはおわびと訂正をしなくてはいけない。先週の当コラムで、スペインGPのウィリアムズチームのガレージ火災に関して書いた内容に誤りがあった。火災の原...[続きを読む]
ウィリアムズ、KERS爆発!?流言飛語にご用心 [2012/05/18 11:29]
不思議な因縁というものがあるものだ。実は、私はスペインGPの取材に出かけられなかった。というのは、その週末、ウィリアムズ・ハイブリッド・パワー社にKERSの...[続きを読む]
ウィリアムズとマクラーレンを訪れて感じたこと [2012/05/11 11:51]
スパフランコルシャン6時間レースの仕事でヨーロッパに来た帰りにイギリスへ寄り、ウィリアムズとマクラーレンを訪ねてきた。ウィリアムズとマクラーレンといえば共に...[続きを読む]
モータースポーツ活動で多くの人材を育ててきたトヨタ [2012/05/05 12:01]
ル・マン24時間耐久レースの前哨戦といわれるWEC第2戦「スパ・フランコルシャン6時間レース」の木曜(3日)のフリー走行では、アウディが持ち込んだR18が圧...[続きを読む]
マシンの差を「確信」に変えたベッテルの勝利 [2012/04/27 11:37]
バーレーンGPでセバスチャン・ベッテルが優勝した。開幕から3戦を落とし、結局クルマが悪いと勝てないといわれた男が、いるべき場所に戻ってきた感じだ。この世界は...[続きを読む]
日本のメディアはバーレーンの民主化なんてどこ吹く風 [2012/04/20 12:00]
今週末、F1バーレーンGPが開催される。昨年は「アラブの春」の余波でスンニ派とシーア派の抗争の地となり、レースは中止された。あれから1年、バーレーンは何も変...[続きを読む]
バーレーンGP強行図るバーニーはエゴの塊 [2012/04/13 12:00]
何だかガッカリだ。中国GPが行われている上海サーキットでF1管理会社(FOM)のバーニー・エクレストン代表が1週間後のバーレーンGPは行われるだろう、と言明...[続きを読む]
童夢のルマン挑戦のエネルギーに感服 [2012/04/06 11:32]
アウディ対トヨタの決戦で盛り上がりそうな今年のルマン24時間レースだが、ルマンは何もこの2大自動車メーカーの戦いだけでは終わらない。以前、日産の1.6リッタ...[続きを読む]
愚行に非難集中!ベッテルは自分の影響力をよく考えるべき [2012/03/30 12:09]
レッドブルのセバスチャン・ベッテルがマレーシアGPでナレイン・カーティケヤンのHRTと接触した事故で、カーティケヤンを口汚くののしった。「あいつはガーキン(...[続きを読む]
何をどのように伝えるかはいつの時代も難しい [2012/03/23 12:00]
今回は同業者の話を書く。レースの取材をして記事を書いてメシを食っている輩のことだ。身内の話といっていいだろう。 身内の話をすると、最近は多くの人が苦しい...[続きを読む]
ル・マンに1.6リッターエンジンで“参戦”する日産の戦略 [2012/03/16 12:00]
モータースポーツも啓蟄(けいちつ)の時期を迎えた。最近のニュースを見て、そう感じた。今週末にはオーストラリア・メルボルンでF1が、米国セブリングではWEC(...[続きを読む]
TMGに“加入”したポロック氏には要注意!? [2012/03/09 11:24]
時代の波の流れは不思議なものだ。2009年限りでF1から撤退し、その後は従業員のリストラや事業縮小で苦戦してきたドイツ・ケルンのTMG(トヨタ・モータースポ...[続きを読む]
大手メーカーの参戦なくしてF1の技術革新なし [2012/03/03 12:00]
F1と自動車メーカーの関係が新たな次元に入ろうとしている。2008−09年にホンダ、BMW、トヨタといった巨大自動車メーカーがF1から撤退し、このスポーツは...[続きを読む]
正直者アロンソが不安を隠せない跳ね馬の性能 [2012/02/25 12:00]
競技の世界では正直者は珍しがられる。正直者は重宝がられるというのならいいのだが、珍しがられるのだからたまったものではない。 F1は今まさにシーズン前のテ...[続きを読む]
政府の喧伝のバーレーンGPはいらない [2012/02/17 21:27]
オリンピックは平和の祭典だといわれながら、人権運動や差別撤廃運動と名乗る抗議運動、政治活動などに利用される場合が多い。 1972年にイスラエル選手団がパ...[続きを読む]
入れるダシを間違えた?フェラーリの苦悩 [2012/02/11 12:00]
スペイン・へレスでF1シーズン開幕前のテストが始まったが、2日終わった時点で早くも今季の勢力図が見えてきた感じがする。カモノハシの唇(嘴=くちばし=?)のよ...[続きを読む]
今年のル・マンで童夢の意地がどう発揮されるのか [2012/02/04 12:00]
トヨタのル・マン挑戦に続いて童夢が今年のル・マンに参戦することを表明した。童夢のホームページに同社社長の林みのるさんが参戦の理由と経緯をつづった文章を発表し...[続きを読む]
若手ドライバーが直面する厳しい現実 [2012/01/27 21:43]
アブダビで行われたピレリの2012年F1タイヤ発表会に来て、充実した時間を過ごさせてもらったが、現場では厳しい現実を目の当たりにした。ピレリのプログラムには...[続きを読む]
トヨタ参戦で再びWECが脚光を浴びそうな気配 [2012/01/21 12:00]
トヨタが今季からルマン24時間レースを頂点とするFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦することは以前書いたが、そのクルマの写真がフランスの自動車レース専門誌A...[続きを読む]
やはり浜島氏はF1が似合う [2012/01/14 12:00]
ブリヂストン(BS)でレースタイヤの開発責任者を長年務めてきた浜島裕英氏が今月15日でBSを辞め、フェラーリF1チームに加入、タイヤ関連の面倒を見ることにな...[続きを読む]

ページの先頭に戻る

本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます