スペインGP(7月19日決勝)で転倒、右腕上腕を骨折したマルク・マルケスは、骨折から6日後、手術から4日後のアンダルシアGPのフリー走行で復帰。トップから1.298秒差の19番手。決勝はポイント狙いかなと思ったら、腕が腫れがひどく出場をキャンセルした。これは復帰したばかりの走り。
スペインGP(7月19日決勝)で転倒、右腕上腕を骨折したマルク・マルケスは、骨折から6日後、手術から4日後のアンダルシアGPのフリー走行で復帰。トップから1.298秒差の19番手。決勝はポイント狙いかなと思ったら、腕が腫れがひどく出場をキャンセルした。これは復帰したばかりの走り。
 第9戦カタルーニャGPの開幕前の水曜日(9月23日)にマルク・マルケスのインタビューがレプソルから配信されました。インタビューは、7月のヘレスで怪我をしたときのこと、最近始めたというトレーニングの状況などを話しています。その内容を簡単にまとめるとこんな感じになります。

 「トレーニングを開始で.....
【ログインして続きを読む】
マルク・マルケスが7月26日に自身のSNSにアップした骨折したレントゲン写真と手術後の写真ですが、この状態で良く走ったものだとつくづく思います。