開幕戦レビュー
 F1デビュー戦となった3月末の開幕戦バーレーンGPで、角田裕毅選手はいきなりのポイント獲得を果たしました。スタート直後に17番手まで順位を落としながら、果敢なオーバーテイクを繰り返しての9位入賞。これがF1初レースとは思えぬ堂々とした走りは、あのロス・ブラウンが「ここ数年のルーキーで、間違いなく.....
【ログインして続きを読む】