終わってみればフェルスタッペンの圧勝でしたが、レース中はひやっとするシーンもありました。ハミルトンがまさにそうでしたが、ミスによるダメージをいかに抑えるかが、彼らとそれ以外のドライバーの明暗を分けた気がします。
終わってみればフェルスタッペンの圧勝でしたが、レース中はひやっとするシーンもありました。ハミルトンがまさにそうでしたが、ミスによるダメージをいかに抑えるかが、彼らとそれ以外のドライバーの明暗を分けた気がします。
 まずは次の表を見てください。

メルセデス:ハミルトン(1位)2位、ボッタス(8位)リタイア
レッドブル:フェルスタッペン(3位)優勝、ペレス(2位)11位
アルファタウリ:ガスリー(5位)7位、角田(20位)12位
マクラレン:ノリス(7位)3位、リカルド(6位)6位
アストンマーチン:ストロ.....
【ログインして続きを読む】