有名な「オテル・ド・パリ」前を駆け抜けていく角田選手。ハミルトンに次ぐ総合2番手の速さを持ってしても、最後までウィリアムズの2台を抜けず、悔しい16位完走に終わりました。
有名な「オテル・ド・パリ」前を駆け抜けていく角田選手。ハミルトンに次ぐ総合2番手の速さを持ってしても、最後までウィリアムズの2台を抜けず、悔しい16位完走に終わりました。
 先日、2年ぶりに開催されたモナコGPは、スタート直後の順位の入れ替わりを除けば、コース上のオーバーテイクはゼロでした。確かにTV中継でも追い抜きのシーンはいっさい見られませんでしたし、順位の変動はすべてピットインによるものでした。

 そのピットインにしても、最速タイムの1ポイント獲得を狙って二.....
【ログインして続きを読む】
かつてのモナコ勝者リカルドが、チームメイトのノリスに周回遅れにされる屈辱。モナコだからこそ、両者の明暗はいっそう際立ちました。