1週間前のアゼルバイジャンでは背中の激痛に耐えながら、「大丈夫」のサインをしていたハミルトン
1週間前のアゼルバイジャンでは背中の激痛に耐えながら、「大丈夫」のサインをしていたハミルトン
 前戦アゼルバイジャンGPでのレース直後のルイス・ハミルトンの姿は、かなり衝撃的でした。走行中ずっと激しい縦揺れにさらされ続け、それでもなんとか4位入賞を果たしたものの、腰と背中の激痛でコクピットからなかなか降りられなかったのです。

 翌週のカナダGPでの会見に出席したハミルトンは、「データをあ.....
【ログインして続きを読む】