クーペ風のスタイリングが印象的なメルセデスEQS450+。2560kgもの車重がありながら、電費は良好だった(大谷達也撮影)
クーペ風のスタイリングが印象的なメルセデスEQS450+。2560kgもの車重がありながら、電費は良好だった(大谷達也撮影)
 メルセデスベンツにとって最新かつ最高級の電気自動車(EV)が「EQS」です。日本で発表されたのは今年9月。ボディーサイズは全長が約5.2メートルで、同社最大のセダンであるSクラスに匹敵します。価格も今回試乗した標準モデルのEQS450+が1578万円。高性能版のAMG EQS 53 4MATIC.....
【ログインして続きを読む】