赤松孝撮影
赤松孝撮影
 2020年全日本ロードレース選手権の振り返りコラム第4回目は、JGP3クラスです。ロードレース世界選手権(WGP)モト3に近いクラスとして、若手ライダーは世界を目指し、その若手の前に百戦錬磨のベテラン勢が壁となり、常に接近戦、大混戦。10台ものマシンで繰り広げられるトップ争いが見ものの激闘クラスです。

 昨季チャンピオンを獲得したのは村瀬健琉(ホンダ)。村瀬は故加藤大治郎が始めたポケットバイクのシリーズ戦、大治郎カップ出身で、加賀山就臣プロデュースのスズキアジアンチャレンジにも参戦し、力を蓄えてきたライダーです。2017年には全日本JGP2参戦しますがランキング17位、2018年には仕切り直して登竜門クラスのMFJカップに参戦しランキング2位となりますが、実力ではタイトルを獲得してもおかしくないはず、「どうした健琉」って感じだったのです。
 それが2019年、JGP3クラスに参戦開始して第7戦に初優勝を飾り、ランキング3位へと浮上します。この年アドバイザーに小室旭が付きます。小室は同クラスで2017年ランク2位、2018年ランク3位と、チャンピオンを期待された逸材ですが、無冠のライダー。ただ、そのたしかな経験と実績を若手に伝えていくことに決めます。ワークスライダーだった武田雄一もサポートし、村瀬の能力を引き出すのです。そして2020年、小室は自らチームを設立、KTMを駆り、村瀬のライバルとして立ちはだかるのです。

 2020年、村瀬は武田のサポートと、最後にはWGPモト3ライダーでトップ争いの常連だった尾野弘樹が援軍で登場してくれます。尾野は村瀬と同チームからST1000クラスに参戦予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で参戦中止となり、テストのみの参加となっていました。その尾野が、タイトル決定戦となった最終戦・鈴鹿に駆けつけてくれることになりました。
 最終戦前のランキングトップは村瀬、ランキング2位には小室が付け、その差は2ポイント(P)で、勝った方がチャンピオン獲得となります。快晴の鈴鹿サーキット、早朝に行われるJGP3予選は路面温度が低く、タイヤにとって厳しい状況。見どころとなったのが、残り3分からの村瀬の最終アタック。最終ラップに区間ベストを次々に更新する渾身の走りで、今季2度目のポールポジションを獲得するのです。予選後に武田とパドックですれ違い「村瀬君すごいね〜。カッコ良かった」と声をかけると「中身は尾野だから」と言うので、思わず吹き出してしまったのですが、あながち嘘ではなかったことがレース後にわかるのです。

 決勝レース、ホールショットは小室が奪い、村瀬、成田彬人(ホンダ)、鈴木大空翔(ホンダ)、徳留真紀(ホンダ)の順に1コーナーへ進入、シケインで鈴木が村瀬、小室の2台をパスして一気にトップに浮上、村瀬も小室を抜き、小室3番手でオープニングラップをクリアしますが、2周目に赤旗中断。再開されたレースは9周、徳留が好スタートを切り、小室、村瀬、成田、鈴木、高杉奈緒子(KTM)が続き、ダンロップコーナー進入で村瀬が小室のインに飛び込み2番手浮上。トップ集団は、古里太陽(ホンダ)、徳留、村瀬、小室、成田、鈴木の6台で、4周目のトップは古里、5周目、6周目は鈴木、7周目は村瀬、8周目は小室と首位が目まぐるしく入れ替わり、誰が勝ってもおかしくない接近戦のまま最終ラップに突入します。

 1コーナーで古里が村瀬をかわして2番手に上がると、デグナーカーブ進入で古里が小室をパスしてトップ浮上。バックストレートで小室、村瀬、徳留が古里をパスして130Rを通過、最後のパッシングポイントであるシケインのブレーキング、トップで進入したのは小室。小室はここで、ギリギリのフレーキングを見せますが、そこを村瀬が突いてトップ浮上、ふたりのラインがクロスし、その隙をついてた徳留、鈴木が小室の前に出て、村瀬が優勝、2位に徳留、3位に鈴木、4位小室、5位成田、6位古里と、僅かな差でチェッカーを受けました。
 最終ラップのシケインの攻防は手に汗握り、叫び声が飛び交うような激闘で、それを制した村瀬に惜しみない拍手が送られました。村瀬は「予選から決勝と、武田さん、尾野さんにブレーキングポイントからマシンの角度まで細かく教えてもらいました。最後の勝負は最終シケインになると、決勝朝のウォームアップランでシミュレーションしていました」と勝因を教えてくれました。その作戦を、あの鬼気迫る緊張感の中で実戦する村瀬の柔軟なポテンシャルに驚きます。

 村瀬は、2018年から2020年までの転倒数がなんと40回近く。よくぞ見捨てられることなくレースを続けられたものだと、正直思うのですが、それだけの魅力があるということでもあります。素顔の彼は、激闘とか、戦いという言葉から遠い感じがする好青年なのですが、転んでは起き上がる闘志と、周りの意見に耳を傾ける素直さが誰からも愛される理由なのだなと思います。そして、遂に頂点に立って、しっかり恩返した律儀さが魅力です。「いつか世界へ」と夢を追いかける村瀬は、まだまだ大きく進化してくれそうで、今年の活躍が楽しみなのです。