悪天候の大波乱レースを完走!
マシンは「odula TONE Idia ロードスター」
マシンは「odula TONE Idia ロードスター」
 ようやく幕を開けた2020年スーパー耐久。今年で3回目となる「富士24時間レース」(9月5日・6日)がその開幕戦となりました。

 意外にも(?)、今回がスーパー耐久初参戦、そして初めての24時間耐久レース。コロナ禍と台風10号による悪天候も加わり、波乱の要素が盛りだくさんの中(汗)、9月5日15時に決勝スタートを迎えました。
チーム「OVER DRIVE」のクルーたちと
チーム「OVER DRIVE」のクルーたちと
 私はチーム「OVER DRIVE」から66号車「odula TONE Idia ロードスター」を駆ってST−5クラスに出場、ドライバーは(敬称略)武地孝幸、金森成泰、冨田自然、橋本悠亮、外園秋一郎、そして私塚本奈々美の6名。

 最初のプランでは、私は19時30分〜、22時30分〜とナイトセッションで2スティント、そして翌日の昼間にもう1スティントを走ることになっていましたが…。

 レース開始から夜に入って間もなく、なんと雨のため4時間に渡る赤旗中断。22時30分にレース再開となったものの、その後SC(セーフティカー)やFCY(フルコースイエロー)がひっきりなしに入り、 結局私の出番がやってきたのは午前4時。まだあたりは真っ暗で、雨中の夜間セッションという難しい中でスタートしました。このスティントが終わるころには夜が白々と明け、大きくきれいな虹が富士スピードウェイの真上にぽっかりと浮かんでました。
ドリフトスピリッツにも登場しました
ドリフトスピリッツにも登場しました
 虹とともに明けた9月6日、疲れきったチームクルーそしてドライバーたちを今度は猛暑が襲います。

 ドライ路面から何の前触れもなく雨が降ったり止んだりと、タイヤの選択に悩むことは何度もありましたが、ドライバーたちは辛抱強くバトンを繋げていきました。

 そして24時間チェッカーまであと1時間30分となった13時30分、チェッカードライバーとして私にバトンが渡ってきました。

 慎重に、且つ1秒でも速く走るよう、そして自分に与えられたスティントを無事走りきるべく頑張りました。

 ここで2018年、2019年にニュルブルクリンク(独)の耐久レース(VLN)の経験がすごく役立ったと実感しました。
ナイトセッション、ドライバー塚本奈々美
ナイトセッション、ドライバー塚本奈々美
 初めての24時間耐久レースの現場で、メカニックさんたちの働きぶりを一部始終も間近で見させてもらいました。 驚いたのはテスト日である木曜日と金曜日は、走り終わる度にクルマをバラし、隅々まで丁寧にチェックしてもらえたことです。

 ハードな24時間のレースに備え、チームスタッフの皆さんがきちんと準備してくれることに安心感と信頼感が増しました。

 また、スマホの天気アプリで天候を読み取りながら、ドライバーもメカニックもチーム一体となって戦っている感じが素敵でした。
24時間フィニッシュの瞬間
24時間フィニッシュの瞬間
 どんなにしっかり準備をしてきても、24時間の間にはどうしてもアクシデントやトラブルに見舞われます。また、悪天候がFRであるロードスター勢には味方してくれなかったこと、濡れた路面以上にSCの連続が追い上げを拒んだことから、ロードスター勢は最上位6位が精いっぱいでした。

 それでも24時間を走り抜き、チームと完走の感動を共有できたことは、私にとって素晴らしい経験になりました。このチャンスを与えてくれたTONE、そしてチームのみんなに感謝しています。この経験をもとにこれからもドライバーとして成長していけるように頑張ります。
ピップアンバサダーとして最初のレース、マグネループと一緒に戦いました
ピップアンバサダーとして最初のレース、マグネループと一緒に戦いました