プロローグで最速タイムを記録したトヨタガズーレーシングのナッサー・アルアティアが、競技初日は首位から12分遅れの10番手にとどまった。「驚いてはいないよ。プロローグでトップに立った時点で、この結果は予想していた。最初に走るのは難しいものだから」。4輪のトップでステージに繰り出せば、ルートを切り開.....
【ログインして続きを読む】