第2ステージを14番手でゴールし、ビバークのシャワーに向かう菅原
第2ステージを14番手でゴールし、ビバークのシャワーに向かう菅原
 トラック部門に参戦する日野チームスガワラの菅原照仁が調子を取り戻した。SS14番手でゴールし、パンク2本とミスコースも喫した第1ステージの雪辱を果たした。

 「気持ちよく走れたが、コースの難易度は昨年に比べて上がっている。一筋縄ではいかない」。ミスなく完璧に走り切っても、SSでトップ10圏内に.....
【ログインして続きを読む】