第5Sでパワステのない状態で420キロを走り、マメができた手を見せる三浦昂(多賀まりお撮影)
第5Sでパワステのない状態で420キロを走り、マメができた手を見せる三浦昂(多賀まりお撮影)
 第43回ダカールラリーは8日、サウジアラビアのアル・カイスマからハイル間の688キロ(競技区間347キロ)で第6ステージを行い、2輪部門のホンダはジョアン・バレダが今大会3回目のステージ最速タイムを記録した。前日首位に立った同僚のケビン・ベナビデスは17番手に沈み、初日からの累積タイムで2番手に.....
【ログインして続きを読む】