4輪の優勝争いは膠着(こうちゃく)状態となった。累積2番手につけるトヨタのナッサー・アルアティアがSS2番手タイムを記録するも、首位のペテランセルが僅差の3番手。2人の差は17分のままだ。

 アルアティアは「ナビゲーションは難しかったが、滞りなく終えられたことに満足。勝負は第11ステージ(14.....
【ログインして続きを読む】