モータースポーツ世界評議会の評決に不服
共同声明文を発表〜レッドブルは静観
ボイコット騒動の元凶となったミシュランもすっかり臨戦態勢(カメラ=河口貞史)
ボイコット騒動の元凶となったミシュランもすっかり臨戦態勢(カメラ=河口貞史)
 【マニクール(フランス)田村尚之、ニキ・タケダ】 ミシュランタイヤの問題で第9戦アメリカGP決勝(19日)のスタートを切らなかった7チームは、国際自動車連盟(FIA)のモータースポーツ世界評議会(パリ、29日)で処分預かりという事実上の無罪を勝ち取った。が、FIAから違反を問われた5項目の中で、.....
【ログインして続きを読む】