エクレストンFOM会長が意味深発言
意味深な発言をしたエクレストンFOM会長
意味深な発言をしたエクレストンFOM会長
 フェラーリの車両データを所持していたとして07年シーズンのコンストラクターズ・ポイントはく奪と罰金1億ドル(約109億円)を科せられたマクラーレンは、来季のマシン造りでそのデータが生かされていないか国際自動車連盟(FIA)の判断を仰ぐ猶予処分も併せて下されている。大方の予想では事なきを得るはずだが、F1界のボス、B・エクレストンF1管理会社(FOM)会長が意味深な発言。「私の希望としてはさらなる処分がないことを願うが、何が起こるか分からないからねぇ」とドイツ誌に語ったという。今季を振り返ったインタビューの中のコメントだが、何とも微妙な言い回しだ。