ハミルトンは納得の93周〜アロンソもまずまず5番手
カタロニア合同テスト最終第3日
水しぶきをあげて疾走するウェーバー。この日のトップ・タイムをマークした(カメラ=xpb)
水しぶきをあげて疾走するウェーバー。この日のトップ・タイムをマークした(カメラ=xpb)
 【カタロニア・サーキット(スペイン)ニキ・タケダ、ロイター】合同テスト最終日の3日は雨が降ったため、ミニ異変。レッドブルのM・ウェーバーがトップ・タイムをマークした。それでも本人は浮かぬ顔のようで……。一方、マクラーレン勢は3日間を通して予定のプログラムをこなし順調。ルノーのF・アロンソも日ごとに進化し、満足そうにテストを終えた。

           ◇     ◇     ◇

 トロロッソがワンツーを決めた第2日に続き、最終日はレッドブルのウェーバーがトップ・タイムを記録するサプライズが起きた。が、午後3時半すぎから雨が降り出し、各チームともタイムを削る走りができなかった結果だった。そのため「(去年頻発した)ギア・ボックスのトラブルは出ないから信頼性は良くなったみたいだし、入賞はできそうなクルマかな」とウェーバーのコメントも湿りがち。エンジン・カウルについている背びれのような新空力パーツも、思ったような効果は得られていないもよう。

 8番手タイムだった僚友のD・クルサードも「基本的にはRB3(07年型)の進化型。ならばトロロッソの走りをみても、もう少し速くてもいいじゃないかなぁ〜」と不満げ。今季用の空力パーツがすべてそろっているわけではないことが大きいとしてるが、現時点での“背びれウイング”の装着は全体的なバランスがとれていないようだ。

 〇…最終日も2、3番手に甘んじた格好のマクラーレンだが、93周も走り込んだL・ハミルトンは納得できるマシンのセットアップが見つかったという。強烈なヤジにさらされながらも、戸惑うことなくやるべきことはしっかりやり遂げられたようだ。ルーキーながらチャンプを争っただけあり、さすがに肝っ玉は据わっている。

 〇…新車「R28」の出来がいま一歩という感じのルノーながら、「今日は基本的なセットアップに専念。かなり進歩できた」というF・アロンソがまずまずの5番手タイムを記録した。が、N・ピケJrは9番手に沈み、「今はクルマを学ぶことに専念しているが、ダウンフォース(空気の流れでマシンを押さえつける力)がまだないし……」と歯切れが悪い。新車の性格がアロンソには合っているが、ピケとは相性が悪いようだ。

 〇…前日ワンツーを決めたトロロッソの“セブ”コンビだが、最終日はS・ブルデーが7番手で、S・フェテルは10番手にとどまった。が、2人のドライバーがクルマを乗り換え、新しいフロント・ウイングを試すなど積極的にプログラムを消化、とても有意義なデータが収集できたという。明るいチームの雰囲気からも、今年は侮れない存在となりそうだ。

 〇…ようやく新しいフロント・サスペンションが到着したホンダはランチ・タイムも取らずにテストに専念したが、結局は11、13番手止まり。「ブレーキングは良くなった。ただし全般的にグリップ感(接地感)がないんだよ」というのが、“定位置”の最下位となったJ・バトンの悩みだ。気温が上がらず各チームともグリップ不足には悩んでいたようだが、ホンダの2台は明らかにコーナーで苦戦をしていた。そんななか、中本修平デピュティ・マネジング・ディレクターが緊急帰国するうわさが流れた。R・ブラウン新代表が中心となった09年用マシンの開発プロジェクトがスタートしたという情報もあり、気持ちは来季なのかもしれない。

      [カタロニア合同テスト第3日](路面:ドライ&ウエット)
 順 ドライバー(チーム/マシン)               タイム     周
 1 M・ウェーバー(レッドブル/RB4)         1分22秒385 65
 2 H・コバライネン(マクラーレン/MP4−23)    1分22秒422 67
 3 L・ハミルトン(マクラーレン/MP4−23)     1分22秒459 93
 4 R・クビツァ(BMWザウバー/F1.08)      1分22秒492 83
 5 F・アロンソ(ルノー/R28)            1分22秒509 63
 6 N・ハイドフェルト(BMWザウバー/F1.08)   1分22秒874 80
 7 S・ブルデー(トロロッソ/STR2B)        1分22秒877 80
 8 D・クルサード(レッドブル/RB4)         1分22秒889 82
 9 N・ピケJr(ルノー/R28)            1分23秒039 64
10 S・フェテル(トロロッソ/STR2B)        1分23秒232 72
11 R・バリチェロ(ホンダ/RA108)         1分23秒795 84
12 A・スーティル(フォース・インディア/F8−VII※)1分23秒800 86
13 J・バトン(ホンダ/RA108)           1分23秒808 86
 ※=08年仕様