ライコネンはV逃し不機嫌
第8戦フランスGP決勝
スタートからトップを快走しながら想定外のトラブルでマッサ(右)に優勝を譲ったライコネン(AP)
スタートからトップを快走しながら想定外のトラブルでマッサ(右)に優勝を譲ったライコネン(AP)
 【マニクール・サーキット(フランス)田村尚之】第8戦フランスGPは22日、当地で決勝を行い、ポールポジション(PP)から逃げたK・ライコネンに排気管トラブルが発生したフェラーリだが、2番手だったF・マッサが首位に立ち、予選とは順番が異なるものの今季3度目の1、2フィニッシュを決めた。「キミをとら.....
【ログインして続きを読む】