ウィリアムズのチーフ・エグゼクティブ
 ウィリアムズのチーフ・エグゼクティブのA・パー氏が8日、「1、2チームがF1から去る状況に陥っていると思っていました。それはプライベート・チームに限らない」と衝撃的な内容のコメントをロイターに話していたことが分かった。

 メーカー系チームのF1撤退を見据えていたようで、「来季の開幕までにもう1チーム、F1を去ると思います。そしてそれがメーカー系チームである可能性が極めて高い」ときっぱり。ホンダに続いて、世界的な不況に苦しむ自動車メーカーの撤退があるという。ホンダの発表後、いまだ公のコメントを発していないのが、BMWザウバーとルノーの2チーム。勘ぐってしまいそうだ。