4カ年計画の最終年〜クビツァが73周ノー・トラブル
バレンシアで新車シェークダウン
クビツァがステアリングを握りノー・トラブルでシェークダウンを終了、好発進をみせたBMW(AP)
クビツァがステアリングを握りノー・トラブルでシェークダウンを終了、好発進をみせたBMW(AP)
 BMWザウバーは20日、スペインのバレンシア・サーキット(1周4.005km)で新車「F1.09」を発表。早速ロベルト・クビツァ(24)がシェークダウン(初走行)を担当し、73周をノー・トラブルで走りきった。ワークス・チームとしてF1に参戦し始めた06年以来、着実に目標をクリアしてきたBMWは今.....
【ログインして続きを読む】