古巣ウィリアムズからの吉報待ち
まずは島でバカンス
失意のうちに帰国した母国でウィリアムズからの吉報を待つピッツォニア
失意のうちに帰国した母国でウィリアムズからの吉報を待つピッツォニア
 A・ピッツォニアが28日夜、生まれ故郷のブラジル・マナウスに戻った。29日夕に実家へ帰り、両親のもとで一晩過ごし、30日朝にはあらゆる重圧やメディアから逃れるように友人たちとボートで島へバカンスに出かけた。

 家族によれば、ピッツォニアは今回のジャガーから解雇されたことに苛立っており、後任にミ.....
【ログインして続きを読む】