第3ドライバーは若手抜てき
 フォース・インディアは27日、エイドリアン・スーティル(26)=ドイツ=とビタントニオ・リウッツィ(28)=イタリア=のレギュラー2人を残留させると発表した。第3ドライバーには今後のテストを見て若手を抜てきする予定という。フォース・インディアは前身のスパイカーを買収して08年からF1に参戦を開始した。スーティルとジャンカルロ・フィジケラのコンビでスタートし、今年のベルギーGPまで2人が乗ったものの、フィジケラのフェラーリ移籍により、第3ドライバーのリウッツィが昇格してラスト5戦に出場した。

 今季は、フィジケラがベルギーGPで2位(8ポイント)に入り、スーティルも5ポイント獲得、計13ポイントでコンストラクターズ・ランク9位だった。