WRCフル参戦へ〜V6王者ローブと同じ「シトロエンC4」
契約交渉最終段階に
ライコネンが来季から乗り込むことになりそうなシトロエン。王者ローブが僚友になるかも(AP)
ライコネンが来季から乗り込むことになりそうなシトロエン。王者ローブが僚友になるかも(AP)
 元F1フェラーリのキミ・ライコネン(30)が、来季の世界ラリー選手権(WRC)にシトロエンからフル出場―。WRCのオフィシャルサイトが27日付で、ライコネンとシトロエンの契約交渉が最終段階に入っており、あとは細部の調整だけと伝えている。来季は「ラリー・ジャパン」(9月)も2年ぶりに開催されるため、ライコネンのラリー・ドライブを日本でも見ることができそうだ。

     ◇     ◇     ◇

 来季のF1シート獲得交渉が不調に終わり1年の“浪人”を決意したばかりのライコネン。だが、さすがに2007年のワールド・チャンピオンを周囲がほっておきはしなかった。WRCのトップ・チーム、シトロエンがすぐさまオファー。史上最多のV6を達成したS・ローブが乗るのと同じワールドラリーカー「C4」を用意することなどを約束し、ライコネンの心をつかんだようだ。

 また同サイトには、今回の計画を後押ししたのはシトロエンのメーン・スポンサーのレッドブルで、ライコネンが来季13戦に出場するための資金をフルサポートすると書かれている。さらにレッドブルは、来季限りで契約が終了するM・ウェーバーが抜けた後の11年には、ライコネンのためにF1のシートを用意しているともいわれ、1年の“ラリー留学”に向けてレールはきっちり敷かれている。

 ライコネンは今年8月のフィンランド・ラリーでWRCデビューを果たし結果はリタイアも、グループNマシンで健闘、高い評価を受けている。

 27日付のWRCオフィシャルサイトでも、03年WRC王者のP・ソルベルグが「彼は素晴らしいドライバーだから、きちんと準備すればトップ5に入る力がある」とライコネンのポテンシャルに太鼓判を押している。