FOTAウィトマーシュ会長が見解
FIAは異論に困惑
 国際自動車連盟(FIA)によって来季からの導入が決まった可変リア・ウイングに対し、異論が噴出している。すでに反対の意向を示している各ドライバーに続き、F1チーム協会(FOTA)の会長を務めるマクラーレンのマーティン・ウィトマーシュ代表(52)も1日、「ショーマンシップに貢献しないのであれば使用し.....
【ログインして続きを読む】