ルノー謝罪にもホーナー代表の気分晴れず
2人を競わせ続ける覚悟
雨の中疾走したベッテルだったが……(AP)
雨の中疾走したベッテルだったが……(AP)
 荒れに荒れた初開催の韓国GP(第17戦、24日決勝)で、フロントローを独占しながら全滅したレッドブルは失意のどん底だ。ランク首位だったマーク・ウェーバー(34)は自滅してランク2番手に後退し、トップを快走したセバスチャン・ベッテル(23)は残り10周でエンジン・ブロー。エンジン供給元のルノーから.....
【ログインして続きを読む】