引き金はリソース制限協定への不信感
避けられない弱体化
 フェラーリとレッドブルが2日、もはやF1チーム協会(FOTA)はコスト削減など重要課題について効力を失ったとして同協会から脱退することを発表した。2008年にフェラーリのL・ディ・モンテゼモロ社長が中心になって発足したFOTAは、主要2チームが抜けることで所属チームは9に減少(HRTは昨年脱退).....
【ログインして続きを読む】