反政府側は「F1開催より国をどうすべきかだ」
第4戦予選
20日にマナマ西部で行なわれたバーレーンGPに反対する市民のデモ(AP)
20日にマナマ西部で行なわれたバーレーンGPに反対する市民のデモ(AP)
 バーレーンのサルマン皇太子が20日、F1バーレーンGP決勝(22日)を決行する強い覚悟を示した。くしくもその20日には首都マナマ近郊で数万人規模の民主化要求デモが発生したが、同皇太子は「F1はターゲットにされていない」と世界に向けてアピール。「F1をキャンセルしたら過激派を勢いづかせるだけだ」と.....
【ログインして続きを読む】