マルドナドは3年目〜セナがシート喪失
13年ラインアップ発表
正ドライバーに昇格したボッタス(ウィリアムズ提供)
正ドライバーに昇格したボッタス(ウィリアムズ提供)
 ウィリアムズF1チームは28日、2013年のラインアップを発表。3年目となるパストール・マルドナド(27)と、リザーブだったバルテリ・ボッタス(23)の昇格が決まった。マルドナドは「継続起用を打診されたときは本当にうれしかった」と語り、テストドライバーからステップを踏んでF1デビューをつかんだボッタスは「F1に参戦するのが長い間の夢。伝統あるチームでかなえられて特別」と大喜びだ。

 リリースではリザーブドライバーには触れられず、チームを去るブルーノ・セナ(29)にはF・ウィリアムズ代表が簡単な感謝を述べた。これで来季シートが未定なのはロータス1席、フォースインディア2席、ケータハム1席、マルシャ2席、HRT2席の計8席となった。