執行役員ウルフ氏「チーム全体を考えれば…」
会長ラウダ氏「スポーツの観点からすると、あの指示は間違い」
トト・ウルフ氏(左)(メルセデス提供)とニキ・ラウダ氏(AP)
トト・ウルフ氏(左)(メルセデス提供)とニキ・ラウダ氏(AP)
 マレーシアGPで「ポジションをキープせよ」というチームオーダーを無視してS・ベッテルが同僚M・ウェーバーから優勝をさらい、大騒動に発展したレッドブル。対してメルセデスはロズベルグが前を走る同僚のハミルトンに肉薄しながらチームオーダーを守り、意図的にポジションを維持したまま4位のままでゴールした。

 レース中にこの指令を出したのはロス・ブラウン代表だが、この決断にはチーム内でも賛否の声が上がっている。今年からメルセデスの新株主となり、チームの執行役員になったばかりのトト・ウルフ氏は「もちろんスポーツという観点、個人的な観点、ファンの観点からするとチームオーダーというものは好きじゃない。けれどチーム全体を考えれば、このような決断をしなければならないこともある。『チームオーダーを出さなければニコはレッドブルの2台とバトルできていたはず』という意見は、結果論にすぎないしね」とブラウン代表を擁護。

 その一方で同じく今年から新株主となり、非常勤の会長を務める元F1王者のニキ・ラウダ氏は「スポーツの観点からするとニコにアタックさせるべきであり、あの指示は明らかに間違い。今後もこういう戦略でやっていくというのであれば、われわれはロスと膝をつき合わせて話し合う必要がある。是非を問う議論は早急にしなければならない」とあからさまに非難した。