エンジン回転数などを光で表現
 ホンダは25日、1989年の日本GPで故A・セナさんがMP4/5で鈴鹿を走行したデータを元に、音と光で楽しめる映像を同社のインターナビのウェブサイトで公開した。実際のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などを光で表現したという。また、iPhone(アイフォン)の無料アプリでは、マクラーレン.....
【ログインして続きを読む】