第8戦オーストリアGP第1日
オプションタイヤのロングランでトラブルを抱え、セッションを早めに切り上げた可夢偉(C)ケータハムF1チーム
オプションタイヤのロングランでトラブルを抱え、セッションを早めに切り上げた可夢偉(C)ケータハムF1チーム
 11年ぶりに復活を遂げたF1オーストリアGP(第8戦)は20日、レッドブルリンクで2回のフリー走行を行ない、ケータハムの小林可夢偉は20&21番手につけた。可夢偉はFP1こそきっちり走行してプログラムをこなし、昼休みに行なった調整も功を奏したというが、FP2にスーパーソフトタイヤで臨んだロングラ.....
【ログインして続きを読む】