3台目投入可能も跳ね馬など消極的
日本GPで争うマルシャのビアンキ(左)とケータハムの小林可夢偉。両チームの参戦休止で出場台数は18台に激減する(AP)
日本GPで争うマルシャのビアンキ(左)とケータハムの小林可夢偉。両チームの参戦休止で出場台数は18台に激減する(AP)
 破産管財人の管理下に置かれたケータハム、マルシャがアメリカ、ブラジルGPを欠場するため、F1は2005年モナコGP以来となる18台でレースをする。F1の契約に関わるすべてが網羅されているコンコルド協定では、20台を割った場合は特定チームが3台目の車両を出走できるというが、今季は時間的な問題で無.....
【ログインして続きを読む】