04年マシン開発に障害
データ不足響く〜オフ・テストがカギ
日本GPで6位と奮闘した佐藤琢磨。04年は晴れてレギュラー昇格を果たしたものの、04年型マシンはMIにタイヤを変更したことでピンチに
日本GPで6位と奮闘した佐藤琢磨。04年は晴れてレギュラー昇格を果たしたものの、04年型マシンはMIにタイヤを変更したことでピンチに
 BARが04年型マシンに致命傷になりかねない“爆弾”を抱えていることが、このほど判明した。原因はブリヂストン(BS)からミシュラン(MI)へとスイッチしたタイヤ。25日に解禁となったテストでは04年用エンジンなどを組み込んだハイブリッド・マシン「BAR005B」がフェラーリのチャンピオン・マシン.....
【ログインして続きを読む】