代替エンジン導入案否決で再び撤退カードちらつかせ
最終第19戦アブダビGPは27日開幕
オーナーが撤退をちらつかせるも、黙々と最終戦の準備を進めるレッドブルスタッフ(柴田久仁夫撮影)
オーナーが撤退をちらつかせるも、黙々と最終戦の準備を進めるレッドブルスタッフ(柴田久仁夫撮影)
 【ヤスマリーナサーキット(アブダビ)L・バスコンセロス、柴田久仁夫】レッドブルのディートリヒ・マテシッツ・オーナー(71)がまたほえた。24日に行われた国際自動車連盟(FIA)のF1委員会で、2017年から独立系チームへの供給を前提にした「クライアントエンジン」案が否決され、再び撤退をちらつかせ.....
【ログインして続きを読む】