ホンダサンクスデー(4日、栃木県・ツインリンクもてぎ)に出演するため来日しているマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは3日、本紙の取材に応じ、ロズベルグの引退について「とてもびっくりしたけど、理解はできる」と複雑な思いを口にした。さらに「F1は厳しい世界。続けて走ってもアップダウンがあって成功できるとは限らない。だから彼の決断は容認できる」と自らの人生を投影。4歳下の後輩の決心を支持した。