第1回合同テスト第2日
メルセデスを抑えて2日目のトップタイムをマークしたフェラーリのキミ・ライコネン(AP)
メルセデスを抑えて2日目のトップタイムをマークしたフェラーリのキミ・ライコネン(AP)
 跳ね馬の逆襲だ。フェラーリの今季型車両「SF70H」に乗り込んだキミ・ライコネン(37)=フィンランド=が最速タイムを記録した。2番手は僅差でメルセデスのルイス・ハミルトン(32)=英国=ながら、ライコネンの方がタイムが出にくいタイヤを履いており、同じ仕様を装着していた場合はさらに引き離していた.....
【ログインして続きを読む】