F1ロシアGPの現地主催者は2月28日、同グランプリの開催契約を2025年まで延長したことを明らかにした。ロイター通信が伝えた。同国のドミトリー・コザク副首相が現行契約が20年まであることをタス通信に語り、F1の新運営会社のチェース・キャリー最高経営責任者(CEO)も契約延長に前向きな姿勢を見せ.....
【ログインして続きを読む】