メルセデスモータースポーツのトト・ウルフ責任者は8日、前戦ロシアGP(4月30日)で不振に陥ったルイス・ハミルトンの原因究明を早急にはできないとする見解を示した。

 チームを通じ「なぜ力を発揮できなかったか究明に時間を費やしたが、理解するのに魔法の弾丸はない。激務を続けるだけ」と語り、行き詰ま.....
【ログインして続きを読む】