第18戦メキシコGP予選
 【エルマノス・ロドリゲス・サーキット ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】初日のフリー走行でトップタイムをマークしたレッドブルのダニエル・リカルドは、予選では7番手と大きく後退。

 「予選になったとたん、グリップ(接地力)がまるでなくなった。マシンは初日からほとんど触ってないのに。ウオー.....
【ログインして続きを読む】