第1日合同テスト
 【ヤスマリーナサーキット ペン=ルイス・バスコンセロス、鶴田真也】今季限りでマクラーレンとの3年間の提携を解消するホンダにとって、最後の残業だ。ブラジルGP後の単独タイヤテストが中止となり、参加チームで唯一、2台体制を許された。ホンダの長谷川祐介F1総責任者は現地を既に離れたが、アブダビGP決勝後「タイヤテストなので耐久性のデータ取りくらいになる」と話していた。午前中はフェルナンド・アロンソがスピンアウト。赤旗中断の原因をつくった。